CLUB DIAMOND HALL

公式サイト:
http://www.diamond-hall.com/top.html
住所:
名古屋市中区新栄2-1-9雲竜フレックスビル西館5F
電話番号:
052-265-2665
キャパシティ:
約800~1000人 
アクセス:
名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」駅から徒歩3~5分くらい。「栄」駅からも徒歩圏内、広小路通をまっすぐ東に進めば着きます。

<北改札・1番出口利用>
(名古屋・栄から藤が丘方面行きに乗ってきた場合を前提として書きます。)
降りたホームの、進行方向側にある改札(北改札口)を出て、(1番出口への)階段を上がり地上に出ます。
NTTデータビルがある側に信号を渡り(「葵町西」交差点)、そのまま進んで次の信号を渡ってから(「広小路葵」交差点)、左手に進んでください。3軒くらい先右手側に「雲竜フレックスビル」という比較的高層のビルが見えます。その西館5階にダイアモンドホールがあります。
開演時刻付近なら、同じ目的の人がちらほら歩いているのでたぶん分かりやすいと思います。
帰りに名古屋駅方面に向かう場合は、2番出口・南改札口から入る、以下のルートがスムーズです。(新栄町のロッカーを利用した場合は1番出口に戻る必要があるので、来た道を逆に戻ってください。一旦北改札口からホームに入り、中程の連絡階段で名古屋方面ホームに渡ってください)
「雲竜フレックスビル」を出て右手に進み、ひとつめの信号で「佐鳴学院(予備校)」のある側に渡って路地を進み、大きめの通り(錦通)に出たら渡らず左手に曲がると、左手にスターバックス、正面に新栄町駅への階段(2番出口)があります。階段を下りて改札を入ると、栄・名古屋方面のホームです。

<南改札・2番出口利用>
栄・名古屋方面ホームの、進行方向後ろ側に南改札口があります。(名古屋方面から来た場合は、いったん中の連絡階段で名古屋方面ホームに渡ってください)
改札を出て、階段を上がると、右手にスターバックスが見えます。そこを右に曲がってください。しばらく進むと大きな通り(広小路通)があります。通りを渡った向こう側(右斜め向かい)に、比較的高層のビルが見えるので、そこを目指して歩いてください。(以下略)
(2014.11追記)
雲竜フレックスビル1階にあったローソンはなくなっていました。最寄りのコンビニは2番出口付近のファミリーマートか、広小路通沿いのセブンイレブンになります。

地図
ロッカーの有無:
入場後、ロビーに入って右手側奥にあり。約400個。200円。
サイズは幅23×高さ23×奥行40(cm)、一般的な駅ロッカーよりふたまわり小さいくらいです。
(2014.11追記)
雲竜フレックスビルの館内工事に伴い、開場前、西館の階段に整列できなくなりました。そのため、中の人が先日行った公演では、ビルの3階に待機場所が設けられ、入場前にゴミ袋形式クロークが行われていました。500円。
最寄の「新栄町」1番出口側の改札(藤が丘方面ホームにある改札)出てすぐにロッカーはありますが、12個しかないのでけっこう激戦だと思われます。
メモ:
1992年にオープン。その前は「フレックスホール」、さらに前には「雲竜ホール」という椅子席の会場だったようです。(雲竜フレックスビル自体の開業は1974年で、その頃から営業していた模様)
赤と黒で統一されたオサレな内装が特徴。
メインフロアはけっこうだだっ広いけど、最前柵以外に、特に柵は設置されないです。最前柵もふつうに鉄の棒で、クッション性のあるものとかあまり巻かれていなかった記憶があります。
キャパシティに対してめいっぱいお客さんが入っているときや、圧しがきつい客層の公演だと、前方にものすごーく圧迫がかかります。中程に柵とかない分けっこうきついです。天井の高さはそこそこあるはずなのに、酸欠の危機を感じたことも何度か(これは個人的に)。超良番持ってて最前柵を目指すなら、柵にまくためにタオルとか持っていけばいいかもしれないです。
公式サイトの図面によると、ステージの高さは90cm。PA卓の両サイドはフロアより一段高くなっていて、さらにPAの後ろ側がもう一段高くなってます(公演によってはこのあたりの一部が関係者エリアに指定されることもあったような)。マターリ観たい方は後方の段の上、もしくは段の付近を狙うと良いです。

ドリンクチャージは500円。ビール、スミノフアイス、各種カクテルから選べます。

名古屋駅から東山線で一本なので、わりとアクセスは良いです。
近隣にコンビニや呑むところはそこそこありますが、ちょっとした暇つぶしスポット・・・は駅前のスタバくらいしか無いのが難点。お買い物するなら、隣の栄駅(から南下しての矢場町あたり)、もしくは名駅周辺がいいです。

投稿:2013年01月29日21:41 / 最終更新: 2014年11月06日16:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「愛知」の他の記事

  • 日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)
  • 愛知県体育館(第1競技場)
  • TOKUZO 得三
  • 名古屋 CLUB QUATTRO
  • 池下CLUB UPSET